カロリー貯金ダイエットに学ぶ!自分のメンタルの不安定さに気が付くかもしれませんよ!

みなさんは、ホネホネロックさんのカロリー貯金ダイエット読みましたか?

この記事では、「ホネホネロックさんのカロリー貯金ダイエット」ついて、ざっくりとご紹介しています。

ホネホネロックさんのカロリー貯金ダイエット

この本を読めば、必ず自分のダイエットに向き合うことになるでしょう!「初心者からベテランまで誰でも確実にやせる方法」とありますが、ホネホネロックさんのカロリー貯金ダイエットは、単に ”痩せる”ための方法・短期間で ”楽して痩せる方法” などは書かれていません。

著者である、ホネホネロックさんご自身の、「カロリー貯金ダイエットで痩せた記録と経験に基づいたダイエット方法」、「ダイエットで陥りがちな過食や摂食障害からの復活」などが、「カロリーを貯金する」という独特な視点から書かれた良書なんです。

 

私はホネホネロックさんのアメブロで良く読ませていただいていて、「カロリー貯金ダイエットは自分の考え方に合ったダイエット方法だな」と思っていました。

参考:カロリー貯金ダイエットとは?(ホネホネロックさんご自身が本の紹介をされています)

ホネホネロックさんのカロリー貯金ダイエットって?

カロリー貯金は、カロリーをお金に見立てて体重をコントロールする方法です。消費カロリーと摂取カロリーの収支で体重が変わるという点に着目されていて、

消費カロリー>摂取カロリー
  • 消費するカロリー以上に食べない
  • 体重をカロ貯グラフで記録する

というダイエット方法です。

カロリー収支で体重変化の予測が可能。体重をキープするときも、減らすときも、増やすときも、カロリー貯金で体重を予測できるのです。

カロ貯グラフはカロリー貯金ダイエットとホネホネロック(東城薫)のブログ はじめましてのQ&Aで配布されています。

ホネホネロックさんのカロリー貯金ダイエットを読んだ感想

1.楽しい
2.わかりやすい
3.もっと早く読めばよかった

ダイエットを数値化する、グラフ化するというのは、視覚的に体の変化をとらえられるので、痩せることが実感できて、「楽しい」んですよね。(これは、実際に自分で記録をしてみるとわかります)

カロリー貯金ダイエットは、ホネホネロックさんの実体験に基づいたダイエットの記録なので、説得力があり、すっと頭に文章が入ってきます。ダイエットに対する熱量を感じるというか。カロリー貯金ダイエットのコンセプトはシンプルでわかりやすい。

私はダイエット開始後の半年から一年ほど、ダイエットに関する知識が無かったために時間を無駄にしました。あの頃の私に教えてあげたい!もっと早くカロリー貯金ダイエットを読みたかったです。

だから友達にも勧めてるんですよね。「ダイエットする前に読んでみたらいいよ。」実際に私が減量に成功していることもあり、「じゃあ読んでみる!」という子がほとんどです。


カロリー貯金ダイエットを読んで興味深かった部分

「運動なしで体脂肪を落とす」

今まで嫌というほどリバウンドを繰り返してきた私がお勧めするダイエット本、カロリー貯金ダイエット。私が一番興味深く読んだのが、第1章の上級編「運動なしで体脂肪率を落とすには」という部分です。

カロリー貯金ダイエットで痩せる

 

運動をしなくても体脂肪率を下げられる

タンパク質を必要量以上に摂れば筋肉は減らない

この簡単な2つの短い文に対して、説明が10頁にわたって記載されています。とても興味深かったです。この章を読んで、私は自分の体組成について興味が湧き上がりました。

体重と体脂肪率は反比例することもある

やみくもに、ただ体重を落とす、体脂肪率を落とすという考え方は危険ですよね?まぁ、数値で一喜一憂しがちなんですけど。家庭用の体重計は、機種や使用する環境によっても大きく数値が変わりますし、体重と体脂肪率は反比例することもあると書かれていました

【体重と体脂肪率は反比例することも】

体脂肪量が変わらないとき、水分や食べた物の重さで体重が増えると、体脂肪率が減る。

体脂肪量が変わらないとき、水分や食べた物が抜けて体重が減ると、体脂肪率が増える。

参考:ホネホネ式カロリー貯金 第1章 P79

 

私の体脂肪って、何kgなんだろう?

 

って、自分の体に目が向きましたね。

※これに関しては、今後のダイエットの目標を立てる元にすべく計算をしました。(別記事に記載します)

参考:3カ月で達成できる?カロリー貯金ダイエット+マクロ栄養学で今より体脂肪率を4%落とし、18%に!

 

タンパク質を必要量以上に摂れば筋肉は減らない。(維持される)

筋肉の量を減らさず体重を減らせば体脂肪が減る。

カロリー貯金ダイエットの観点からいえば、上記のように ” 変動が数値に出る ”ので、

体重や体脂肪率の数値に一喜一憂する必要はない

 

とのこと。

 

ただし。一喜一憂しないためには、カロリー貯金ダイエットのカロ貯グラフを活用するなどして、自分の目標や現時点での状況をしっかり把握しておく必要があると感じました。

さいごに

1日あたりスナック菓子1袋分の節約なら半年で10kgやせる!

カロリー貯金を続けていけば、確実に達成できそうです。あー。もっと早く読みたかった。

 

食べるのが怖い・・・食べたら動かないといけない・・・ダイエット開始時は、メンタル的にも落ち込むことが多かった私。でもダイエットにはメンタルの変動がつきものだということも、カロリー貯金ダイエットでは触れられていたので納得です。

特に「私の過食対策」というくだり。過食・過活動。自分の精神面を理解して、ダイエットに向き合うことが大切だとわかりました。

ぜひカロリー貯金ダイエット、読んみてください!ダイエット開始時のモヤモヤした感じが納得へと変わるかもしれません。

もしかしたら、自分のメンタルの不安定さに気が付くかもしれませんよ!

もっと早く体重を落としたいなら、これぞ断食の効果!?3日間グリーンスムージー断食ダイエットをしたら驚く結果にを、ぜひ読んでください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です