これぞ断食の効果!?3日間グリーンスムージー断食ダイエットをしたら驚く結果に

3日間ファスティングより合理的に脂肪を落とす方法とは?

3日間ファスティングで落ちた体重と体脂肪率。いまどうなってると思います?

・・・すぐ戻ってしまいました。難しいですよね、ファスティングは。落とした後の維持が大変。

ファスティングの他に何か、もっと合理的に脂肪を落とす方法はないの?

あります。長時間ウォーキングです。

ファスティングをしてもすぐ戻ってしまう

せっかく3日間頑張ってファスティングしたのに、1カ月ほどでファスティングする前の数値に戻ってしまった

急激に体重が減ると、体は危機感を感じて元の体重まで戻そうと働きます。太りやすい体質になる、ということです。

実際、私も3日間ファスティングで体重と体脂肪率を落としましたが、「体が栄養を貯めこもうとする」という感覚に陥りました。

下の画像を見てください。グラフの最低ラインが3日間ファスティングをした直後です。その後、上昇しているのがわかります。(3日間ファスティング前に比べると若干は減少していますが)

3日間ファスティングにはメリットも多くあると思いますが、節制するのが習慣として身についている私でも、こんなに簡単にリバウンドするんです。

なので、気軽な気持ちで3日間ファスティングするのは、はっきりいって【時間の無駄】だと思います。

では、3日間ファスティングより効果的に「短時間で」脂肪を落とす方法はないのか?気になりますよね?

それは、ウォーキングです。

 

運動嫌いな人には決してお勧めしませんが、筋肉量を増やしてしっかり食べるダイエットを選択している人は「間違いなく効果でるからやってみて」とオススメしたいです。

自分で決めた目標に到達するまで頑張る!成し遂げるという成功体験にもなるし、長~く歩くことで思考がクリアになりインスピレーションが湧きますよ!

3日間ファスティングと比較

3日間ファスティングと5時間ウォーキングで、体重と体脂肪率の変化を比べてみました。

5時間ウォーキングは、とても疲れますが内臓への負担やダメージは3日間ファスティングに比べれば少ないと思います。

たった5時間歩くだけで、(数値上は)かなりのダイエット効果があることがわかります。

体重 体脂肪率
3日間ファスティング ▲2.45kg ▲2.6%
5時間ウォーキング ▲1.2kg ▲1.8%

脂肪を落とすウォーキングの方法

出発前の食事が大切です。最低限の栄養素だけを摂取しましょう!

  1. たんぱく質
  2. 糖質
  3. 脂質

グラノーラは栄養バランスと腹持ちが良いのでオススメです。

「もう体内の糖質が切れてきた・・・」そう思った時に、BCAAを摂取して、血糖値を少し上げるためにコーラなどの(糖質を含んだ)炭酸飲料を飲みます。

そうすることで、体内の脂質をエネルギーに変えて運動を続けることが出来ます。(バテやすさは個人差あり)

水分は多めに飲みましょう!

30~1時間程度のウォーキングでは、脂肪をエネルギーに使う回路がなかなか作動しません。体内の糖質が切れた状態で運動を続けることで、やっと脂肪を使う回路が作動するんです。

3日間かけてファスティングするのも良いですが、免疫力を下げたくない・短期集中型で脂肪を落としたい方は、長時間ウォーキングの方が合理的に脂肪を落とせると思います。

ウォーキングを終えた夜は、最低限の三大栄養素(たんぱく質・脂質・糖質)を摂取、BCAAやグルタミンなどで筋肉の修復を手助け。
翌朝は、しっかりめに糖質を摂取すれば完璧です。