「おしりえくぼ体操」でぽっこりお腹を簡単に撃退!?

朝の情報番組、ビビットで、おしりエクボ体操が紹介されていました。
おしりエクボ体操は、「ぽっこりお腹撃退」に効く体操なんだそうです。

ぽっこりお腹の原因は股関節?

ポッコリお腹になるメカニズム、
原因は「股関節まわりの筋肉の衰え」らしい。

日常生活の悪い習慣で股関節周辺の筋肉が衰える

姿勢が悪くなる

ポッコリお腹になる

ぽっこりお腹に効く「おしりエクボ体操」

弱った股関節周辺の筋肉やお尻を鍛えることで、
ぽっこりお腹を改善できるそうです。

ぽっこりお腹撃退に効果的な「おしりエクボ体操」知ってますか?
おしりエクボ体操」を続けることで、ぽっこりお腹を改善できるらしいです。

おしりエクボ体操の考案者は?

おしりエクボ体操の考案者は、理学療法士の佐藤正裕さん、42歳。(男前っ!)

 

理学療法士 佐藤正裕さん(42)

出典:
http://www.horipro.co.jp/satomasahiro/

最先端の国際的な股関節学会の保存両方を日本に導入。運動療法で3000症例を超える実績。

 

おしりえくぼ体操って?

おしりエクボ体操は、股関節周辺の筋肉や、おしりの筋肉をしっかり使えるようにすることで、ぽっこりお腹を改善させる体操です。

簡単な体操を続けることで、
おしりエクボが出来るようになるそう。

ちなみに、おしりエクボとは、
おしりの穴に力を入れて、ぎゅっとしめたとき、
おしりの左右にできるくぼみのことです。

おしりの筋肉をしっかり使えるようになると、
おしりの脇に、このおしりエクボがでてきます。

 

ありますか?おしりエクボ。
私は、少しだけですが、へこんでいます。

おしりエクボ体操のやり方

おしりエクボ体操は簡単な体操なので、
運動習慣のない人や高齢者でも気軽にできる体操です。

寝ながらおしりあげ

腰の下に両手を入れ、
手で腰を押すようにして「お尻だけを」持ち上げます。

脚の幅は握りこぶし1つ分ぐらい。
膝も同じ幅にします。

膝の角度は90度ぐらい。

腹筋をしっかり持ち上げ3秒間キープ!

これを1日に15回v

やり方のポイントは、

背中ごと上げない。
お尻だけを腹筋で持ち上げる。
腰と手を床から離さない

こうすることで、普段使わないおしりの筋肉を、
しっかり使うことができるそう。

おしりの筋肉を鍛えることで、
ぽっこりお腹が改善できるんですって!

 

しゃがみ立ち

おしりの穴をぎゅっとしめながら、
しゃがんで立ち上がる。

ポイントは、

前かがみにならない。
状態をまっすぐに起こす。

立ち上がるのが難しい時は、
椅子などを使って立ち上がってもOK。

つまさき立ち・かかとつけ

足を平行にスタンスし、
つまさき立ちする。

その状態で、かかと同士をくっつける。

普段使われていない、
下腹付近のインナーマッスルに効く!

続ければ、ぽっこりお腹、改善できるかな?v

憎きぽっこりお腹・・・

Check!:お腹マッサージで劇的にポッコリお腹解消!頑固な皮下脂肪を3cm減らした3ステップ

おしりエクボ体操について、もっと詳しく知りたい方は、
「奇跡の理学療法士が教える 最強の股関節セラピーで体はみるみる若返る!」
お近くの書店またはインターネットでどうぞ!

 

ちなみに私は、
おしりエクボ体操をやってみて、
効果が出たら、買ってみようと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です