グリーンスムージーに向く野菜・向かない野菜

健康な生活を手に入れたい女性に人気のグリーンスムージー。

グリーンスムージーは手軽に野菜や果物の栄養を摂取できるので、若い人だけでなく中高年にも人気です。グリーンスムージーには「グリーンスムージーに向く野菜」と、「グリーンスムージーに向かない野菜」があります。

グリーンスムージーの食材選びに困った時の参考にしてください。

グリーンスムージーに向く野菜

緑黄色野菜

カロテンが100gあたり0,6mg以上存在するものを緑黄色野菜といいます。

グリーンスムージーに使うのに最適なのは”緑黄色野菜”です。色が濃く、カロテン存在量が多く、ビタミン・ミネラルが豊富な緑黄色野菜は、おもに体の調子を整える効果をもたらします。

緑黄色野菜はβカロテン・ルテインなどのカロテノイドやビタミンC、Eなどの抗酸化物質が豊富!

緑黄色野菜は、アンチエイジング対策に必須の野菜ですね。

グリーンスムージーに良く使われる主な緑黄色野菜)

ケール・シソ・パセリ・アシタバ・ナズナ・トウミョウ・シュンギク・ホウレンソウ・大根の葉・小松菜・ツルムラサキ・ブロッコリー・トマト・ピーマン

グリーンスムージーに向かない野菜

でんぷん質の多い野菜

根菜やでんぷん質の多い野菜はグリーンスムージーには向きません。

腸内での発酵が促進されすぎて、ガスが発生して膨満感やゲップなどの不快な症状のもとになります。

グリーンスムージーに不向きな野菜

・根菜
・カリフラワー

悩み別・グリーンスムージーに使うオススメの食材

肌の美白

・いちご
・トマト
・みかん
・黄パプリカ
・キウイ
・ブロッコリー

浮腫み(むくみ)

・スイカ
・レモン
・トマト
・赤パプリカ
・キウイ
・バナナ
・ライム
・セロリ
・りんご
・きゅうり
・メロン
・チンゲン菜
・アボガド

痩身(ダイエット)

・グレープフルーツ
・キャベツ
・パイナップル
・にんじん
・りんご
・トマト
・セロリ
・しょうが

アンチエイジング

・ぶどう
・すいか
・マンゴー
・黄パプリカ
・メロン
・ブロッコリー
・ブルーベリー
・オレンジ
・いちご
・赤パプリカ

血液サラサラ効果

・マンゴー
・みかん
・りんご
・赤パプリカ
・アボガド
・グレープフルーツ

貧血

・りんご
・ほうれん草
・パイナップル
・小松菜
・プルーン
・いちご
・パセリ

二日酔い

・グレープフルーツ
・みかん
・青じそ
・にんじん
・きゅうり
・りんご
・スイカ
・メロン
・みかん
・パイナップル

疲労回復

・キウイ
・みかん
・バナナ
・グレープフルーツ
・トマト
・オレンジ
・レモン
・ほうれん草
・パイナップル
・アスパラガス

便秘

・キウイ
・アボガド
・りんご
・青じそ
・ブルーベリー
・グレープフルーツ
・ラズベリー
・トマト
・ブロッコリー
・プルーン

軟便

・りんご
・バナナ

目の疲れ・かすみ目

・ブルーベリー
・トマト
・いちご
・ぶどう

花粉症

・にんじん
・りんご
・ブロッコリー

不眠

・キウイ
・水菜
・パイナップル
・チンゲン菜
・小松菜
・バナナ
・ほうれん草

冷え性

・オレンジ
・しょうが
・はちみつ
・アボガド
・レモン
・大葉

肌荒れ

・にんじん
・ブロッコリー
・パプリカ
・オレンジ

塩分の排出

・メロン
・セロリ
・パセリ
・バナナ
・レモン
・スイカ

食べ過ぎ・胃もたれ

・キャベツ
・レモン
・大根
・みかん
・三つ葉
・グレープフルーツ

(よくグリーンスムージーに使われる食材の特徴)
・比較的安い
・食材の栄養素が高い
・手に入りやすい

食材選びに迷った時の参考にしていただければ幸いです。

グリーンスムージーにキャベツを使うと、翌日に腹部膨満感に襲われることが多いです。
腸内で発酵しやすい性質の葉野菜は使う量に注意してくださいね。

ハーブなどもグリーンスムージーに使う際は少量にした方が良いと思います。

これからグリーンスムージーを始めてみようと思う方は、

・ホウレン草
・こまつ菜

などから初めてみるのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です