自分の適性体重を見つけるのが一番大切だと思う

お疲れ様です。こちらのブログは久しぶりの更新、アラフィフのダイエッターぷよこです。

かつおのタタキ、優秀ですよ。ダイエット食としては。

さて今日は、「自分の適性体重を見つけるのが一番大切」というお話。

ほとんどの人がリバウンドする

私が本格的に体を作り始めて、2年以上が経過しました。まず、体重を落とすことから始めたのですが、私の変貌ぶりに「自分も頑張ってみよう!」という人が何人も現れました。

しかし、ほとんどの人が挫折してダイエットを辞めてしまいました。ダイエットに挫折する理由は、「続けることが出来ない」ということに尽きます。

ほとんどの人が、ダイエットを続けることができなくて、リバウンドしてしまいます。無理に体重だけを落とすダイエットをしてしまった場合、リバウンドして増えるのは、「脂肪」です。

ダイエット前よりも脂肪の多い、太った体になってしまうのです!

私の経験上、ほとんどの人がリバウンドします。特に私たちアラフィフは、代謝が落ちて痩せにくい体になってしまっていることが多い。長年の経験と実績で、自分が一番楽な体で居ることを上手くバランスを取って生きているのです。そのバランスを、無理に崩して体重だけを落とそうとすると・・・

アラフィフが無理にダイエットすると

  1. 体調を崩します
  2. 肌が乾燥します
  3. 髪がぱさぱさになります
  4. 老けます

私も経験しましたが、私の周囲でダイエットに失敗したアラフィフの友達も、同じ症状に悩んでいました。無理に糖質を制限することで、体内の水分の保水力が低下して、「痔」になってしまった人もいました。(これは辛い・・・)

巷では、痩せることが美徳かといわんばかりに、〇〇するだけで痩せる!だの、これを飲むだけでスッキリ!だの、信じるに値しない情報が飛び交っています。

体重を落として細くなる、それが健康促進に繋がればよいですが、若い頃と違ってアラフィフの体は本当に難しい!そんな簡単に健康を維持しながら痩せることは不可能です!

とはいえ、自分が一番元気で居られる体重や体の組成を知るためには、色々な段階を踏んで自分を見つめることが必要なんです。そして、自分の適性な体重を探してみることをオススメします。

ダイエットや体作りを開始する時、モチベーションを上げるために断食などで「悪しき習慣をリセット」するのも良いですよ!

参考:これぞ断食の効果!?3日間グリーンスムージー断食ダイエットをしたら驚く結果に

食べすぎで体重が増えた時や体調不良が続く時など、私は定期的に3日間断食を行っています。これ、アラフィフの痩せたい女性には特にオススメ。

適性体重は人によって違う

標準体重は、性別・年齢・身長から割り出すことができますが、その人にとっての「適性体重」は、個体差があるので計算式で割り出すことはできません。自分が感じる感覚がすべて。こればかりは、自分で探るしかない。

たとえば、炭水化物の摂取量について考えてみますと。炭水化物の摂取量を抑えれば、体重は面白いように減っていきますが、足が攣りやすくなったり、体が疲れやすくなります。でも、適正な量ってあるんですよ。一番体が合理的に動ける適性な炭水化物量。それを自分で探すわけです。

そのうちわかってきます。あ、今日は炭水化物を食べ過ぎて体が重いな、とか、おにぎり1個食べないとバテるな、とかね。

無駄な炭水化物は要らない。でも、必要な炭水化物は食べなければ健康的に痩せることはできない。

だから適性な量を探すんです。

炭水化物だけに限らず、たんぱく質や脂質の量だってそうです。マクロバランスで割り出される「痩せるために必要な摂取量とバランス」は、参考程度にしないとダメです。

自分で適性な量、バランスを見つけることが、適正体重にたどり着く近道です。回り道に感じるかもしれないけど、これが一番リバウンドしにくいダイエット方法。

元気でアクティブなアラフィフでいるために

痩せてギスギスのアラフィフにはなりたくない。少しふっくらとしていてもいいから、元気でアクティブで、健康的なアラフィフで居たい。そのためには、努力が必要です。筋肉をつければ太りにくくなる?はい、その通りです。でも、それがすべてではありません。

アラフィフは、筋繊維も若い頃に比べると弱くなっているので、無理な筋トレをすると、負傷します。ケガします。注意が必要です。

そう簡単に筋肉は付きません。筋肉が増えたからといって、ドカンと基礎代謝が上がるという実感もないでしょう。

 

ほどほど、が大切です。無理は禁物。一般人はね。

しないよりはマシ、を続けましょう。

砂糖入りのコーヒーを、ザバスのミルクプロテインに変えてみるとか!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です