置き換えダイエットで痩せる!?ダイエット開始半年で5kg減量に成功

【レビュー】体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」

先日購入した本、

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」

のレビューです。

あなたは、ぽっこり下腹に悩んでいませんか?
この本を読めば、きっと下腹のブヨブヨを凹ますヒントが得られるはずです。

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」

著者について

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」

作者は、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さん。

中のジェームズ修一さんの写真ght=
参考:スポーツモチベーション

中野ジェームズ修一さんの経歴を調べてみました。
中野ジェームズ修一さんさんは、株式会社スポーツモチベーションという会社の最高技術責任者、1971年生まれ。

私と同年代ということで、急に親近感が沸きますね!

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」の概要

腹筋の効果が出ない。お尻まわりが大きくなった。尿漏れが気になる。メタボ気味で腹筋をすすめられている。動くべきところは最大に動き、安定させるところはきちんと固める。―からだ本来の機能を向上させるのが体幹。アスリートだけではない、日常のパフォーマンスがグンと上がる体幹の筋肉のつけ方。

 

引用:「BOOK」データベースより

大和書房 低下(本体600円+税)
208ページ

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」口コミは?

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」 (だいわ文庫) amazonのカスタマーレビューによると、星5つが38%。
口コミの内容を確認してみると、「体幹トレーニングの方法の掲載が少なかった」「内容自体に問題はないのですが、著者の書き方に辟易します」など、辛口の口コミが目立ちます。

著者、中野ジェームズ修一さんの他の出版物は?

  • 下半身に筋肉をつけると太らない疲れない
  • 上半身に筋肉をつけると肩がこらないねこ背にならない
  • 5歳若返る からだにいいこと 5歳老化する からだに悪いこと

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」の内容

とくに、体幹を鍛えてぽっこりお腹を凹ませるための参考になるのはPART1~PART3。

以下、PART1~2のみ、抜粋して目次をお届けします。

PART1

【PART1 体幹を鍛えて、体をリセット】

  • 体幹に筋肉をつけると、からだはすこぶる安定する
  • アスリートでなくても体幹が大切な理由
  • そもそも体幹とはどこのこと?
  • 「インナー=箱」と「アウター=粘土」でコアユニット
  • バランスをとるためのトレーニングが体幹トレ
  • 体幹だけ鍛えても、効果が半減する理由

PART1は、体幹とは何か、体幹トレーニングの重要性などについて書かれています。特に私が参考になったのは、「トレーニングメニューは、人によって違う」という部分。

足首を強化することで捻挫を予防しようとしていましたが、実は体幹が弱かったために、からだのバランスが崩れてしまう状態にありました・・・(中略)しかし、この選手が体幹を強化したとしても、股関節を支える大きな筋肉が弱ければ、やはりバランスはとりにくく、また捻挫を繰り返してしまう危険があります。

参考:体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」 P33

”トレーニングメニューは、人によって違う”

私達は「体幹トレーニング」と聞けば、短絡的に「胴体の体幹だけを鍛える」というイメージを思い浮かべるのではないでしょうか?でも実際は違うそうです。胴体だけを鍛えても不十分で、股関節や膝関節、肩甲骨などの筋肉との繋がりを考慮して、「メニューを選び」「バランスを取るためにはどの筋肉を強化すべきか」。考える必要があるとということに、気づきました。

行っているスポーツによって、体幹トレーニングの仕方も変わるんですね。

PART2

【PART2 からだをリセット&安定ー体幹トレ】

  • フルマラソンをするなら、40km以上走れるだけの体幹をつける
  • 腹筋をしてもおなかは凹まない
  • その腹直筋トレ、本当に必要?
  • 筋肉の鍛え方を知ろう
  • 腹横筋を鍛える体幹トレ

PART2では、実践的な体幹トレの方法や、合理的な体幹の鍛え方が書かれています。特に私が参考になったのは、「女性より男性のほうがおなかを凹ませやすい?」というコラムです。

・・・一方、皮下脂肪がつくのは女性ホルモンの作用が関係しているため、女性に多く見られるのが皮下脂肪型肥満です。・・・内臓脂肪のほうが燃焼しやすいため、男性のほうが比較的早くおなかを凹ませることができます。・・・摂取カロリーを減らし、有酸素運動により消費カロリーを増やすと、まずは内臓脂肪がエネルギーに換わって減ることになります。次に、皮下脂肪がエネルギーとして使われるようになります。つまり、女性が肥満と闘うには、常に長期戦が予想されるのです。

参考:体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」 P96

”摂取カロリーを減らし、有酸素運動により消費カロリーを増やす”

ある特定の部位だけ脂肪を落とすのは不可能。体全体の脂肪を燃焼させないと、部分痩せは出来ないそうです。(他の文献でも同じ事が言われていますね)

PART3

いよいよ、ぽっこりおなかをへこませるための章です。「体幹を鍛えて、おなかを凹ませる!

全体的には減量してきたのに、まったく減らないお腹の皮下脂肪、ぽっこりおなか。ぽっこりおなかを撃退するためのアドバイスが、PART3にはたくさん書かれています。

タテの筋肉を鍛えるより、ヨコの筋肉を鍛えるべき!

くわしくは、ぜひ本を手に取って読んでみてください。

おわりに

amazonのレビューでは酷評も見受けられますが、私は買って良かったと思ってます。ただ、体幹トレーニングの方法を知りたい人は、買うべき本ではありません。(トレーニングの種類や方法は、少ししか掲載されていません。)

  • ダイエットで体重が減ってきたのに、ぽっこりおなかだけ凹まない
  • 腹筋をしても、なかなか下腹の皮下脂肪が落ちない

そう感じている人が手にとれば、たくさんヒントが得られる本だと私は思いました。

コンビニで良く見かけるので、気になる方は手にとってみてくださいね!